私自身が体験した妊娠超初期から安定期にはいるまでの症状まとめ【体験談】

結婚をして、新婚旅行を終えて妊娠を望みました。元々は生理不順だったので、生理前は毎回ソワソワする日々。妊娠が発覚する前も今回はどうだろうと超初期症状・初期症状について調べまくっていました。私以外にもそんな方の参考になればと思い今回は、私自身が経験した妊娠初期症状をまとめたいと思います。

年度初めに妊娠発覚!保育士の妊娠タイミングと報告はいつ?

排卵日から妊娠発覚まで

ルナルナというアプリによると4月18日(2週1日)に排卵予定日でした。

  • 27日頃から寒気や鼻水がでて、風邪ひいた?というような症状があり。
  • 着床出血なし。
  • 下腹部がずきーんと痛む。
  • 1回だけ吐き気があった。
  • 基礎体温は上がったままだった。

5月3日(4週1日)に妊娠検査薬をする。うっすらと陽性がでる。

妊娠発覚から病院受診まで

5月5日(4週3日)こどもの日にもう一度検査薬をするとはっきりと陽性が出る。
保育士なので走ったり、動きが多い仕事に不安になる。同僚には妊娠疑惑を伝え、極力走ったり、動いたりは避ける。
5月12日(5週3日)に病院の予約をとる。

初めて産婦人科へ

5月12日(5週3日)
胎嚢(たいのう)の確認がとれるが心拍確認はできませんでした。
胎嚢とは赤ちゃんを包む袋のことで、わずか9.2㎜でした。
母子手帳ももらえないということで不安で仕方ありませんでした。

医師から「二週間後にまた来てください」といわれる。

心拍確認ができて母子手帳をもらう

5月26日(7週3日)胎嚢確認からやっと2週間後がきました。
この2週間はとてつもなく長く感じました。

兎に角、無事に育っているか心配でしたが
「心拍が確認できました」と言われたときは嬉しくて涙が止まりませんでした…

市役所に母子手帳の手続きをして、やっとおなかに赤ちゃんが授かったことに実感がわきました。

安定期に入るまでは悪阻との戦い

安定期に入るまでは安心できないので極力、走ることと重いものを持つことは避けました

安定期までの症状

  • 朝起きると吐き気で胃液しか出ない
  • 常に何か食べていないと気持ち悪い【食べづわり】
  • 仕事が終わって車に乗ると吐き気
    (車のにおいとお腹が空いてと気が抜けてが原因だと思います)
  • 脂っこいものは受け付けない
  • 頻尿・頻便
  • 兎に角眠い・疲れる
  • 乳が大きくなり乳首も黒くなりました

保育士の悪阻対策

  • 気持ち悪いときは飴をなめる(マスクで隠す)
  • 水分をとる(ノンカフェイン)
  • 人と話して気を間際らせる
  • 気持ち悪いときはトイレに行く
  • つわりとは関係ありませんが産院で進められた葉酸サプリを毎日飲んでいました

まとめ

私自身の妊娠初期に見られた症状です。
もしかして?と思ったら妊娠検査薬をして陽性反応が見られたら病院へ行ってみてください。私は、病院に行くのが早すぎて、実費が重なりましたが、子宮外妊娠の恐れなどもあるみたいなので早めに行くことに問題はありません。

安定期に入るとピタリと悪阻もなくなりました。
保育士は体力勝負なので重いものは極力避けて無理なく産後休暇まで乗り切りましょう!

【出産レポ】陣痛の始まりから分娩終了まで!リトドリンで陣痛止める

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA